できる大人に似合うサングラスのおすすめレンズ「TALEX」

アウトドア・キャンプ
スポンサーリンク

サングラスは、ファッションとして着用したり、アウトドア活動など様々なシーンで使われています。

サングラスと言えば、主に夏に「強い日差し」や「紫外線」から目を守るために使われることが多いですよね。

サングラスの部品は大きく分けて「フレーム」と「レンズ」で構成されていて、このレンズ選びに失敗すると

・目の疲れや頭痛が発生する
・使っているうちにレンズのフィルムがはがれる

などの不都合が出てきます。

このような失敗をしないため、今回は「スポーツやアウトドアを楽しむ大人」に幅広く愛されているメーカー「TALEX」のレンズを紹介します。

TALEXのレンズは日本で作られており、こだわりの設計と製造工程の60%を職人が手作りで対応。

これが目にやさしく壊れにくいレンズを実現し、多くの大人たちから愛されている理由の一つとなっています。



僕も釣りやキャンプなどアウトドア活動が多いのですが、日差しが強いと目が疲れます。

以前に安物のサングラスを使っていましたが、長く使っていると頭がクラクラすることがありました。

そこで評判の良いTALEXレンズを採用したサングラスに変えてみたところ、目が疲れず見やすい視界に驚きました。

TALEXレンズのGood point

・特殊フィルターによる目にやさしい視界

・頭痛やめまいを起こさせない歪みのないレンズ

・おしゃれにも一役。好みやレンズ特性に合わせた豊富なレンズカラーバリエーション

目の健康を考え、大人のファッションとしても長く使えるレンズとしてTALEXのレンズを採用したサングラスを手に取ってみてはいかがでしょうか?

しっかりとした視界とともに、人生の視界も開けてくる!・・・かもしれません。

スポンサーリンク

サングラスの用途

最初にも述べましたが、サングラスは様々なシーンで利用されています。

  • ファッションとして
  • すっぴんの顔や目の周りを隠すため
  • 釣りや自転車などアウトドアの趣味やスポーツ
  • 車の運転での視界確保(日差しや照り返しの緩和)

一般的なサングラスレンズの効果

・目に入る強い光を弱めることで目の疲れを緩和させる

・強い光の環境下での視界確保

・紫外線をカットすることで白内障などの目の病気のリスクを低減させる
紫外線は体に浴びる分には免疫力を向上させるビタミンDを作り出す作用があるそうですが、目に対しては良い影響をもたらすことはないと言われています。

若いうちは裸眼でも問題ないかもしれませんが、先々のことを考えると早い段階から目の健康をケアしておくことを強くおススメします。

一般的なサングラスのデメリット

・運転中にトンネルなどに入ると、視界が暗くなる

・度付きサングラス(目が悪い人用)だと、視力が変わっていくと買い替えが必要



大事なことですが、安物の紫外線(UV)カット無しサングラスは危険です。

目の前が暗くなった時に目の瞳孔が開きますが、紫外線カットでないものは開いた瞳孔に多量の紫外線が入り込んで目の健康リスクが生じます!

スポンサーリンク

TALEXレンズの特徴 その①「偏光フィルター搭載」

TALEXのレンズは、強い光やあちこちから発せられる光(ここでは雑光と呼びます)を防いで視界を確保する「偏光レンズ」と呼ばれるものです。

「偏光」とは簡単にいうと、さまざまな角度から目に入ってくる光をある一定の方向に揃えることです。

TALEXのレンズには、この偏光機能を持たせた特殊なフィルターを貼り付けています。

フィルターの効果イメージ図
TALEX公式サイトより


これにより、道路や水面からのギラギラした照り返しの光を遮って良好な視界を確保します。

水面のギラツキを抑える(TALEX公式サイトより)
左:裸眼
右:TALEXレンズ

車のフロントガラスの映り込みを抑える(TALEX公式サイトより)
左:裸眼
右:TALEXレンズ

ちなみに、このレンズでテレビやパソコンの画面を見ると気持ち悪くなるので注意です!

液晶画面はすでに偏光板と呼ばれるフィルムで光を整えているので、さらにレンズを通すと通常の画面からさらに光が加工されるためです。


TALEXレンズのフィルターの密着性は世界でもトップレベルを誇っており、経年によりフィルターが剥がれるような心配がありません。

僕もかれこれ10年ほど愛用しているTALEXレンズのサングラスは新品同様のままです。

カッターでレンズを切ってもフィルムは剥がれない
(TALEX公式サイトより)
スポンサーリンク

TALEXレンズの特徴 その②「低歪みレンズ」

一般的なレンズと比較すると、TALEXのレンズは歪みがほぼありません。
レンズの歪みは、頭痛や眼精疲労の原因となります。

他社レンズとの歪み計測比較
(TALEX公式サイトより)

僕も釣りやドライブで数時間かけっぱなしでも目が疲れるようなことはありませんでした。

スポンサーリンク

豊富なレンズ特性とカラーバリエーション

TALEXレンズは用途や好みに合わせて、光の透過特性やカラーバリエーションを選ぶことができます。

カラーバリエーションの一部
(TALEX公式サイトより)

・普段明るい視界を確保したい場合のもの
・強い光を大きく遮りたいもの
・明暗をくっきり(高コントラスト)見たいもの


などラインナップが豊富です。

これだけのカラバリがあると、オシャレ女子にもいいと思うんですけどねぇ。

詳細は公式サイトで確認し、お近くのメガネ屋さん(廉価メガネ屋さんには置いてないです)や釣具屋さんなどで現物を試着することも可能です。

僕は趣味で釣りをすることがあるのですが、釣り用にイースグリーンのグラスを購入しています。

釣りは明け方や夕暮れに行くことが多いので、安全のためにも明るく鮮明に見えるものが欲しかったからです。(その分、日中の強い日差しでは暗めのレンズよりは少しまぶしいです)

ドライブやキャンプの時にも使って重宝してます!

僕のレンズはイースグリーンです
(TALEX公式サイトより)
スポンサーリンク

おすすめレンズ3選

トゥルービュー

トゥルービュー
やや濃いめのグレー。
視界はやや暗めのものになるが、自然のままの色を再現することができスポーツ・アウトドア・ドライブなど汎用性が高い人気のレンズ。

これ持っている人は結構多いです。






アクションコパー

②アクションコパー
やや赤みがかった色。
視界はやや暗めの明暗くっきりコントラスト重視。
これも様々なシーンで使えますが、釣りや登山などで木や岩などの形をハッキリ見たいような場合にいいのではないでしょうか。

イースグリーン

③イースグリーン
薄い緑色。
視界は明るめ重視。それでも不要なギラツキは十分なレベルで抑えています。

僕が持っているのはこのイースグリーンです。
色の好みはそれぞれあると思いますが、僕の用途では汎用性が高くドライブや釣り、アウトドアで活躍しています。

それでも日差しが強い日中は、もうちょっと暗めの色がいいと思うこともあります。

スポンサーリンク

既存の度付きメガネにプラスワンできるTALEXオーバーグラス

度付きメガネをかけている方で、その上にプラスワンできるTALEXグラスもあります。

使用できるメガネサイズに制限がありますので、TALEX公式サイトで確認ください。

TALEXオーバーグラスラインアップ
(TALEX公式サイトより)
スポンサーリンク

TALEXレンズのグラスはどこで買えるの?

TALEXレンズは全国のプロショップ(認可を得られたメガネ店)または、釣り具用品店やアウトドア用品店で購入することができます。

詳しくはTALEX公式サイトで確認してみてください。

メガネ店であれば、度付きレンズも含めて自分に合ったレンズを相談しながら選ぶことが可能なので安心です。

フレームも店舗であれば、対応しているフレームから好きなもの選んで対応が可能。

また、すでに持っているサングラスでモノによってはレンズ交換することもできるので相談してみてもいいかもしれません。

僕の場合は、行きつけの釣具屋さんに相談してZeal Opticsというメーカーの「Vanq」というフレームにしました。

頭へのフィット感と軽さが決め手です。

僕愛用のZeal Optics「Vanq」フレーム+TALEX「イースグリーン」レンズ(度なし)



フレーム+レンズはAmazonでも購入可能なので、「度なし」であれば店舗である程度好みを決めて値段次第でネット通販で買う手もアリです。

夏だけの使用に関わらず、様々なシーンでファッショナブルに目を守るサングラス(偏光グラス)の活用をおススメしますよ!

おわり


コメント

タイトルとURLをコピーしました