キャンプベストシーズン前に揃えよう!コスパ重視テント3選(ソロ~デュオ編)

晴れた日はキャンプに行こう アウトドア・キャンプ
スポンサーリンク

大自然の中で非日常を過ごす

忙しい毎日を送っていると大自然に癒されますよね。

近年はキャンプブームもあり、各地のサイトやキャンプ用品販売も盛り上がっています。

そういう僕も2年前からストレス解消としてキャンプをマイペースで始めてます。

ちなみに毎週どこかのサイトに行くようなヘビーキャンパーではなく、ベストシーズンに数回行く程度のライトキャンパーです。

ちなみに個人的なベストシーズンは、気候や気温という意味で

春(4月下旬~5月)
秋(10月~11月中旬)


と考えてます。

主観ですが、キャンプのいいところは

  • 自然の中でゆったりできる
  • 他のキャンパーさんと仲良くなって友達が増える
  • 洗練された機能的なグッズで所有感が満たされる

といったところですかね。

いいですよ~。

木々に囲まれた青空の下で、爽やかな風を浴びながら自然と同化してのんびり過ごすのは


イヤな事も忘れることができて、日ごろのストレスですり減ったエネルギーが補充されます。




ですが、キャンプ道具を揃えるとなると色々な悩みが出てきます。

キャンプ用品選びの悩み
  • おしゃれで機能的だけど高くて買えない
  • 無理しない金額の中で最良の物を選びたいけどよくわからない
  • 家での収納場所や車で移動する時のスペースが狭いのであれこれ揃えれない

普通の生活を送っている会社員で家族を持っている方々も同じような悩みがあるんじゃないでしょうか?

そこで現在僕が重視するようになったのは、「コストパフォーマンス」長く使えるシンプルデザイン」「携帯性の良い、程よい大きさ」です。

高い物を買えばいいものが手に入るのは分かってますが、僕は低コストで自分が納得できるパフォーマンスの物を悩みまくった上で購入し、長く使う事に喜びを感じるのです。

そういう方も多いんじゃないでしょうか?

僕自身の「値段が高い」と思う基準ですが、人気国内メーカー「snow peak(スノーピーク)」の「ランドブリーズ2」\59,800(税別)が高いと思うくらい、お金のない人間です

かといってあんまり安い物を買って後悔もしたくないのです。

ランドブリーズ2(Snow peak)\59,800 https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/j

今回は、これから買いたいコスパ良テント3選を僕なりに選んでみます。

今現在、人から譲り受けたファミリーキャンプ用テント(4~5人用)だと、一人で行く・子供が付いてこなくなったら夫婦でいくには大きいので、ソロ~デュオキャンプをこなせるテント購入を検討しています。

・予算5万円以下
・長く使えるシンプルなデザイン
ひとりでも設営しやすい
そこそこ使える前室がある(夜間の盗難防止のため)
ちょっと頑張れば子供と3~4人で使える




同じような考えのあなたも一緒に悩んでみましょう。

このブログを見てくださった玄人キャンパーのみなさん、これ以外のお勧めがあればコメントをお願いします。

チェア、テーブル、コット(簡易ベッド)については別記事にまとめていますので、ご覧ください。

ゴールデンウィークや秋の連休までに揃えてしまいましょう!

それではテントのご紹介です。

スポンサーリンク

【汎用性高い】テンマクデザイン「サーカスTC」

サーカスTC(tentーmark Design)
サーカスTC仕様
  • 定価 \31,800(税別)
  • 設営後サイズ 約420×420×H280cm
  • 素材 コットン混紡生地(TC)撥水加工 ポリエステル65% コットン35%
  • 重量 約10.88kg 
  • 収納サイズ 約Φ25×67cm
  • 付属品 ポール、張り綱、ペグ、設営用ガイドセット、収納袋、(インナーテントなし)

テンマクデザイン公式サイト:https://www.tent-mark.com/circus_tc/

言わずと知れた大人気テントですよね。

大きなキャンプサイトに行くとチョイチョイ見かけます。シンプルで長く使えそうなデザインでフツーに「いいな」と思えるテントですよね。

ちなみに僕は、ほかの人とカブっても問題ないと思える人です。

サーカスTCのいいところ

【価格・機能面】
なんといっても「TC素材(ポリコットンとも呼ばれる)」でこのサイズで「この価格」というのが魅力的ですよね。

やや大きめにはなりますが、NORDISK(ノルディスク)の「アズガルド」やOGAWAキャンパルの「ピルツ」など、おしゃれで質の良いTC素材テントはありますが、お値段は倍以上です。



サーカスTCは、いろんな場面での使用を考えたときに汎用性が高いというところがグッときます。

燃え広がりにくいコットン(綿)とポリエステルの混紡素材なので一般的なポリエステル素材のテントと比較して、

■近くで焚火して火の粉が飛んできても穴があきにくい(程度によってはあかないわけではない)

■遮光性が高く、朝の直射日光で目覚めが「あっつぅ~」となりにくい

■テントの前後をバッサリ開けるので通気性がいい(ちょっとしたシェルター代わりにもなる)

■テント内で暖房機器使用すると熱が逃げにくく暖かい(ただし、濡れるとちゃんと乾燥しないとカビる)

などが「いいなぁ」と思える部分です。

スカート(テントと地面隙間をふさぐアレ)がついているのもいいですね!寒い時は冷気の入り込みを防ぎます。

映えるわ~

【デザイン・設営しやすさ面】

デザインはシンプルなアースカラーで、飽きがこなくて長く使えそうな気がします。
ブランドロゴも控え目のプリントなのでなの主張しすぎないとこがいいですね。

設営はポール立ててペグ打つだけなのでそんなに苦労はない(慣れれば10~15分)です。

一人で使うには余裕のあるリビングができるし、二人で使っても窮屈感は少なそうに見えます。

こういうサイズ感がちょうどいいです。デイキャンプでもサクッと使えそうな感じ。

サーカスTCの悩みどころ

とにかく買えまへんがな。。。

大人気商品で転売ヤーも多いせいなのか、少量生産というのもあってか取扱店である「WILD1」では常に品切れ状態。再入荷時は告知があり、WILD1店舗、WILD1オンラインストア、AMAZONオンラインストア、楽天市場オンラインストアのいずれかで購入可能ですが、販売開始直後で即完売するのが現状です。

オークションなどで倍以上の値段で転売されてますが、それで買うようじゃイカンと心に決めてますが、このまま買えずに数年待ちたくないとも思ってます。


ほかにもいいテントありますしね。

あとは、インナーテントとグランドシートは別売りなので正規品オプション買えば、結局総額5万円くらいになります。

まあ、そこはインナー無しでもコット寝でワイルドな感じでなんとでかなるかなぁ。
ただ夏は虫対策でメッシュインナーくらいはあった方がいいか・・・。

僕はあまり使いませんが、内部の収納ポケットもなさそうですがそんなに問題ないです。
ただ、コットン素材は手入れが大変かなぁ(濡れた時の乾燥)。

みなさんはどう思いますか?悩みますね~
(更新:その後、なんとか競争を勝ち抜きGETできました!)

ちなみにサーカスTCの弟分(妹分?)的な位置づけの「パンダTC」、「パンダTC+」も小さめですがサーカスTCには標準装備していないインナーが付属しているので、こちらもオススメです。

パンダTC+ \31,800+税
テンマクデザイン公式サイトより
スポンサーリンク

【高コスパ】コールマン エクスカーションティピー325+スタートパッケージ

エクスカーションティピー325+スタートパッケージ(COLEMAN公式より引用)
エクスカーションティピー325+スタートパッケージ仕様
  • 定価 \34,364(税別)
  • 設営後サイズ 約325×230×200(h)cm
  • 素材 フライ/75Dポリエステルタフタ(ダークルーム™テクノロジー、UVPRO、PU防水、シームシール) インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
  • 重量 約10kg (付属品含む)
  • 収納サイズ 約Φ16×60cm(ただしインナーシートとグランドシートは別収納)
  • 付属品 ポール、張り綱、ペグ、収納袋、インナーテント、インナーシート、グランドシート

COLEMAN公式サイト:https://ec.coleman.co.jp

言わずと知れた超メジャーなアメリカの老舗アウトドアブランド「コールマン」ですね。

意識したわけではないですが、ウチにもコールマンのリュックとか小物類がそこそこあります。

デザインや機能性も平均的でお求めやすい価格というのが万人受けしているのでしょうか。

かといって他社にも負けないランタンやマスターシリーズなど平均的なものばかりでもありません。

個人的にコールマンのテントって「コールマン!」って感じがしてちょっと敬遠してました(物が悪いわけではなくてデザイン的な部分で)。

ただこのエクスカーションティピー325は、そんなに「コールマン感」がしないというか、洗練されてて悪くはないなという印象です。

エクスカーションティピー325+スタートパッケージのいいところ

【価格・機能面】
これはTC素材ではなくポリエステル素材ですが、
■インナーテント、インナーシートとグランドシートが付属でこの価格。オプション買いそろえる必要なし

■ダークルーム™テクノロジーを採用しており、遮光性はかなりいい(もちろん採光窓やベンチレーション、メッシュポケットなど装備しています)
テント外とテント内の「明暗のメリハリ」があるのもいいかもしれませんね。

実際に量販店のディスプレイで体験してみましたが、「かなりイイ」です。

遮光性は抜群で、中に入った時の隠れ家感はなかなかのモノ。やっぱり「外と内」、「明と暗」のメリハリはいいですよ。
本当に暗いので昼でも灯りが必要かもしれませんが…。

■材質がポリエステルなので、朝露など濡れても乾きやすい

しっかり遮光 ダークルーム™テクノロジー

【デザイン・設営しやすさ面】
クールな色で悪くないと思います。設営・撤収も動画見る限りだと簡単そうです。やっぱワンポールテントはこの点がいいですね。

大人1人だと超広々、2人でも全然余裕っぽいですね。プラス子供2人くらいも許容できそうです。

エクスカーションティピー325+スタートパッケージの悩みどころ

シェルターのように使えるわけではないので、基本はタープ下で過ごして、寝るときにテントに入るという感じですかね~。
タープは持っているのでいいんですけど、荷物が増えるし・・・。

あと、ちょっと前室として使えるスペースが少ないかなぁ。

汎用性という部分では、これはポリエステル素材全般に言えることですが、焚火の近くで使用すると火の粉でテント穴があく可能性が高いのでサーカスTCより劣りますが、コストと機能のバランスはなかなかいいと思います。

悩みますね~

スポンサーリンク

【堅実でお財布にやさしいカマボコ型】スノーピーク ヴォールト

ヴォールト
(スノーピーク公式サイトより引用)
ヴォールト仕様
  • 定価 \29,800(税別)
  • 設営後サイズ 約300×530×150(h)cm
  • 素材 本体/75Dポリエステルタフタ、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工、UV加工・インナーテント/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mm
  • 重量 約7.9kg 
  • 収納サイズ 約23×60×23cm
  • 付属品 ポール、張り綱、ペグ、収納袋、インナーテント

ワンポールテントが続きましたが、ようやく違うタイプが出てきましたね。

安心の国内メーカー「snow peak」のカマボコ型テント「ヴォールト」です。同社のドーム型テント「アメニティドーム」は爆発的に売れ、キャンプ人口増加に寄与したのではないでしょうか?

今度はちょっと前から増えてるカマボコ型テントでのエントリーラインで客をつかもうってことですかね。

snow peak公式サイト: https://www.snowpeak.co.jp/

ヴォールトのいいところ

【価格・機能面】
■お求めやすい価格
■インナーテントを使用しなければシェルターとして使える
■インナーテント使用時も十分な前室が確保できる

スノーピークはエントリーラインにも抜かりがないですね。

エントリーパックTTとして購入すればアメニティタープヘキサ付きで\49,800と超お得。

タープ単品で買うより約\7000円お得に購入できます。
得した分は鍛造ペグやハンマー代に回すと良いかと。

(スノーピーク 公式サイトより引用)

【デザイン・設営しやすさ面】

デザインはスノーピークって感じで可もなく不可もなくといったところでしょうか。

これはこれで全然問題ないですけど。設営は前述のワンポールよりは若干てこずりそうな感じですが、まあ慣れればどうってことないですかね。

ヴォールトの悩みどころ

■室内高が低い
■側壁がメッシュにできないので風通しが微妙、遮光性も比較的高くないので風がない夏は暑いか・・

僕は暑がりで背が高いので厳しいですが、ベストシーズン(春、秋)ならロースタイルでそれなりにくつろげそうですねぇ。
なんせ安い!でも側面はメッシュ対応してほしいな・・・。

迷いますね~

スポンサーリンク

おまけ:ZANE ARTS(ゼインアーツ) GIGI-1

GIGI-1
(ZANE ARTS 公式サイトより引用)
GIGIー1仕様
  • 定価 \39,800(税別)
  • 設営後サイズ 約500×400×220(h)cm
  • 素材 本50Dシリコーンポリエステルリップストップ・PU加工(耐水圧1,500mm)耐水圧1,800mm
  • 重量 約4.5kg 
  • 付属品 ポール、張り綱、ペグ、収納袋

最近気になってきたZANE ARTS。なかなかシックで機能的なテントを展開しているようです。

ZANE ARTS公式サイト: https://zanearts.com/

その中でも目を引いたのが、エクステンションポールを使用した変則ワンポールシェルターの「GIGI-1」です。

価格は若干高めながら、存在感がある佇まいでテントとしてもシェルターとしても使えそう。エクステンションポールのおかげで、通常のワンポールテントより居住空間は広がります。

そしてなんといってもこの「軽さ」。

ただ、メッシュインナーなどオプション類が充実してないのでもうちょい様子見か。これも完売必至っぽいですね。

UP!その後、とあるサイトで見物しました

その後、とあるキャンプサイトで「GIGI-1」を見かけました。
やはり、ワンポールテントよりも居住空間がかなり広く見えます!

なんといっても存在感が圧倒的でした。そのテントのみ放つオーラというか風格のようなモノを感じました。
他のキャンパーさんもジロジロ見ながら歩いてましたよ。

スポンサーリンク

さいごに

以上購入に悩むソロ、デュオ兼用テント3点+1点でした。どれもいいテントですよね。

あなたが気に入ったのはどれでしょうか?僕はまだ決めきれません。
これ以外のおすすめテントあればコメントください!


今回ワンポール型とカマボコ型のみになりましたが、これは僕がすでにドーム型テントを持っているからです。

ドーム型も「風に強い」という利点があります。スノーピークの「アメニティドーム」やモンベルの「クロノスキャビン」なんかもコスパの良いドーム型テントです。
興味がある方はドーム型も視野に入れてみてもいいですね。

アメニティドーム(左)とクロノスキャビン(右)

いや~ホントに悩みますね(それが楽しいんですけど)。
※更新:サーカスTC購入(定価で買えた!)に落ち着きました。

ちなみにペグは付属品のジュラルミンやアルミペグよりは、しっかりした鍛造ペグを買っておくことをお勧めします。

付属品は長さが短いし、使っていくうちに曲がる可能性高いです。風が強い時の対策として30cm以上のものを持っていたほうがいいですよ。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました