【感謝されるプレゼント】大切な人への手作りイラスト

ありがとうのイラスト

突然で恐縮ですが、手作りイラストを友達や大切な人に贈ると、とっても喜ばれます。

・この世で一つしかない
・大切なあなたのために時間を費やした
・形となって残るもの


贈った人の喜んだ顔を見ると、こっちも嬉しくなります。

以下のような人はこの先を読み進めてください。
・絵を描くことが好きな人、好きだった人
・これから絵をかいてみようと思う人
・没頭できる趣味を探している人
・大切な人にオリジナルのプレゼントを贈りたい人


ここではデジタルイラスト作成の面白さを、僕のイラスト作成の経緯とともに紹介していきたいと思います。

イラスト作成の面白さ

イラスト作成の面白さは、自分が表現したいものを頭の中でイメージし実際にイメージ通り描けると何でも描けてしまえますし、イメージと近いものが出来上がった時の達成感が何とも言えないところです。

そのイラスト(作成者の世界観)に共感してくれる人がたくさん出てくると幸せな気持ちになれます。


そして相手を想ったイラストは、その相手も幸せな気持ちにしてあげることができます。絵は過去から人間を魅了させる芸術な一面を持っています。
これに熱い情熱を注いでいる方たちがプロのイラストレーターや漫画家であったり、画家だったりするわけですね。
ネット界隈でもアマチュアからプロまでのイラスト作品を投稿して閲覧できるサイトもたくさんあります。

デジタルイラストとは

イラストを描くといっても鉛筆や水彩絵の具で描くといった過去からあるアナログイラストがありますが、パソコンやタブレット、ペイントソフトを使用してディスプレイ上にイラストを表現するデジタルイラストがあります。

イラスト作成ソフト(筆者の編集画面より)


デジタルイラストレーターさんも今では多数存在し、アニメやゲーム、広告の分野などの様々な方面で活躍されていますよね。

デジタルイラスト作成のメリット・デメリット

ここではアナログイラスト作成と比べたデジタルイラスト作成のメリット・デメリットを紹介します。

デジタルイラストのメリット

■イラスト制作開始の敷居が低い
 イラスト作成に使用するペイントソフトは無料でも高機能であり、アナログでは技術を要する様々な技法(グラデーション、ぼかしなど)を初心者でも簡単に適用することができます。

何といっても一番のメリットは、失敗してもボタン一つで簡単にやり直せる(アナログのような消しゴムや塗りなおし不要)ところです。

操作方法や描き方は、ネット上にたくさん動画教材などが転がっているので独学で学ぶことができます。

当然、PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTなどの有料ソフトだと高機能でイラスト作成の補助が豊富です。
実際にやってみようとなれば、まずは無料ソフトで慣れてみて有料ソフトに移行してみるといいでしょう。
(僕はCLIP STUDIO PAINTを使用しています)


■複製が可能
これはアナログイラストの希少性と対極になってしまいますが、作成したイラストは電子データ上のコピーはもちろん印刷でも再現性の高い複製が可能です。
ですので、ネット上での販売などにも適しています。(単価はアナログの一点ものよりは低くなりますが)
また、友達のスマホやパソコンにメールなどで送付することで簡単に配布することができます。

■消耗品が少ない
 当たり前ですが鉛筆や筆、絵の具やキャンバスなどの画材が不要なのでランニングコストが低いです。

デジタルイラストのデメリット

■初期費用が比較的高額
 そこそこ本格的にやろうと思うとパソコンやタブレット、入力デバイス(ペンなど)などの機器が必要になり、ピンからキリまでありますが数万~数十万円以上の費用がかかる場合があります。

もちろん低価格で済ませようと思えば、すでに所有しているスマホで指で描くことも可能ですし、低価格のタブレットやパソコンを使用して費用を抑えることも可能です。

ペイントソフトは高機能な有料版とそこから機能を落とした無料版があり、やり方次第で費用はかかりません。

■希少性が低い
 アナログイラストは1点ものという希少性から、とてつもなく素晴らしい絵でなくても意外とオークションなどで高値で売れる場合があります。これに対して、デジタルイラストですと単価が下がるわけです。

もちろん、個性的で多くの人を魅了するイラストであればこの限りではありませんが、そこまでの努力が必要にはなりますね。

僕がイラストを贈ろうと思ったキッカケ

僕は小さなころから漫画絵を描くのが好きでした。ドラゴンボール世代だったこともあり、中学生までは授業中もノートにキャラクターの模写をして友達と見せ合いっこしていたものです。

「このナッパ俺の方が上手いじゃろ!」
「いやいや、俺のサイバイマンの方がリアルじゃわ!」
みたいな。

その後はスポーツやTVゲームに始まり、授業サボってはマージャン、パチスロにハマって完全にダメな人間化してしまったので、絵を描くことはありませんでした。

そこから20年近く経ったのち、再びイラストを独学で本格的に学んで描くようになりました。
キッカケは初めて他人に贈ろうと思ったイラスト作成からでした。

ウチの長男が保育園の年長で卒園間近のことでした。もともと全体で園児が少ない保育園でしたが、年長のクラスは最後は5人だけでした。顔も名前もよく知ったかわいい子たちです。

少ない人数の分、ともに活動する時間も長くて5人はとっても仲が良く、兄弟のように接していました。親達としても特別な思い入れがありました。子供を預かったり、ご飯食べさせてあげたりと色々な思い出があります。

そんな彼らがいよいよ卒園するのです。この年長のクラスは転勤での別れや、両親の離婚による悲しい別れが相次ぎ、最後には男子はうちの長男1人、あとは女子4人というクラスでした。
ウチ以外はすべてシングルマザーかシングルファーザーという苦労された家庭が多かったというのも特徴的でした。

最後まで残っていた親友の男の子が両親の離婚で引っ越す前に、ウチの長男が

「ずっと ともだち」

と汚い字で書いていた親友あての手紙を見たときには、思わず号泣してしまったことを覚えています。(今でも片道600kmの道のりを車で会いに行ってます)
そんな彼らの卒園式に先生や卒園するみんなのために、何か感謝の気持ちとして形に残るものを贈りたいと思っていました。

それまでイラストのことなど頭から離れていましたが、ふと趣味のドライブの途中に頭によぎったのです。

「イラストを描いてみんなに贈ってみよう」

言葉にできないこの気持ちをイラストという形であらわしてみようと。

イラスト作成の再開

当時、仕事柄デジタル入力デバイス関連の仕事をしていたこともあって、デジタルイラストにしようと思いました。アナログイラストもアリでしたが、絵本作家の保護者さんも一枚贈るということだったので、僕はデジタルで行きました。プロに負けないくらい気持ちを入れる!

当時もっていたiPadに無料のイラストソフトをインストールして初めてのデジタルイラスト作成を自力でやってみました。

レイヤー効果やブラシの種類といった初めて聞くソフトウェア的な部分と、デッサンなどの絵画の基礎的な部分もすっ飛ばしてとにかく出来映えを修正しながら、とにかく園児達のこれまでを振り返りながら精魂込めて2週間かけて作成しました。

このイラストを裏表紙に、絵本作家の保護者さんの可愛らしいイラスト(やっぱプロはすごい)を表紙とした、寄せ書きアルバムを作成しました。

イラストを贈ってみた時の反応と感想

正直、他人にイラストを描いてあげるなんて初めてだったので、どういう反応になるかドキドキしていました。
そして卒園式が始まりました。みなさん苦労した家庭のようで、最後の卒園児保護者からの一言の場面では大号泣の嵐でもらい泣きしっぱなしでした。

シングルのお父さんは鼻水垂らして泣きながら感謝の気持ちを述べていました(さぞかし苦労があったんでしょう・・・)。

感動的な卒園式が終わり、その後にウチの妻からアルバムを担任の先生に手渡しました。
先生は表紙と中身をみて、パアッと明るい表情になり
「ありがとうございます!」
とお礼をし、最後にアルバムを閉じた時に僕の絵を見てくれました。
すると先生は涙を流しながら、

「お父さん、これ盛りすぎ~」

と喜んでくれました。
それを見ていた僕もちょっと照れ臭かったけど、とてもうれしかったのを覚えています。

人生最初のデジタルイラスト(引っ越した親友も入れてます)




それから2年以上経ちました。この絵は今見れば、修正したいポイントは山ほどあります。それでもここまで想いを入れて描いた絵はなかったです。
そんな絵を喜んでいただき、今も大事に保管してくれてると聞くとさらにうれしくなります。これをキッカケにちょっとマジメにイラストの勉強をしながらまた誰かが喜んでくれるイラストが描けたらいいなと思って続けています。

その後機材も購入し、デッサンや人体構造の本などの資料を購入してできる範囲で勉強しながら趣味を継続しています。

自分なりに想いを込めて時間をかけて作ったものは、きっと相手にもその想いは伝わる
と思います。

その想いが伝わると、
贈った側も幸せな気持ちになれます

これがイラスト作成のモチベーションになります。イラスト描くときは没頭できるのでストレス解消にもいいと思ってます。

みなさんもご自身オリジナルのイラストで、大切な人にを喜ばせてあげてみてはいかがでしょうか?
きっと喜んでくれますよ。それでイラスト作成にハマったら、もう僕たちは仲間ですよ(^^)

あなたは大切な人に感謝の気持ちをどうやって伝えますか?

おわり

[追伸]
Instagramに僕の作成したイラストの一部をアップロードしています。
お時間あれば覗いてみてやってください。
https://www.instagram.com/terumae_japan/

コメント

タイトルとURLをコピーしました