こんな人にオススメ!Microsoft Surface Laptop Go2(2022年モデル)レビュー

Surface Laptop Go2レビュー記事アイキャッチ画像
この記事を読んでほしい人
・スタイリッシュでコスパの良いコンパクトなノートPCを買いたい

・Microsoft Surface Laptop Go2はどんな人にオススメなのか

・2022年モデルMicrosoft Surface Laptop Go2について知りたい

筆者である僕は、Microsoft Surfaceシリーズを4年以上愛用してきました。
(現在所有しているモデルはSurface Pro 8です)


Surfaceシリーズは、他のモデルに比べて以下のような特徴があります

Surfaceシリーズの特徴

・シンプルでスタイリッシュな外観デザイン

・アルミボディを多用した頑丈なつくり

・ペン、指タッチ対応のパネルでマルチな用途に対応できる

僕の場合は趣味でたまにイラストも描くので、まさに特徴とニーズがピッタリ合うモデルとなっています。

これまでもMicrosoft Surfaceシリーズ関連の記事を投稿していますが、今回の記事では

2022年モデル「Surface Laptop Go 2」
(12.4インチクラムシェルタイプノートPC)

について触れていきたいと思います。

Surface Laptop Go2外観写真
Surface Laptop Go 2
Microsoft公式サイトより引用

Surface Laptop Go2を簡単に説明すると

MicrosoftのクラムシェルタイプノートPC「Surface Laptop(13.5~15インチ)」の弟分的なエントリーモデル

です。

これ以降では、

・Surface Laptop Go2はどんな人にオススメなのか

・Surface Laptop Go2は旧モデルからどう変わったのか

について述べていきます。

スポンサーリンク

Surface Laptop Go2はどんな人にオススメなのか?

先に結論から申し上げます。

Surface Laptop Go 2がオススメな人は、以下のすべてが当てはまる人です。

逆に言うと、このすべてが当てはまる人はSurface Laptop Goしか選択肢がないかも…

  1. 仕事や趣味でペン描画ができる機能があると嬉しい
  2. オペレーティングシステム(OS)がWindowsに慣れている
  3. 主な用途はWebサイト閲覧、Officeソフトなどでのドキュメント作成
  4. 高解像度のディスプレイや高スペックCPUはいらないから価格は最安10万円以下
  5. 13インチ以下のコンパクトさとApple社のMac bookみたいなスタイリッシュで頑丈そうな外観が好み

それでは詳しく説明していきましょう。

別売りのSurfaceペンでの入力(4096段階、筆圧検知)に対応したタッチパネルを搭載しています。

キーボードやマウス操作だけでなく、直感的に画面上のボタンを押したり、画面をスクロールしたりすることが可能なので使える場面の幅が広がりますね。

イラストや文字を高い精度で描きこむことができるので、この1台でクリエイティブな用途やビジネス、学習の場面でも使えるでしょう。

SurfaceシリーズにインストールされているWindowsというオペレーティングシステムは、世界で圧倒的なシェアを誇るパソコンの基本ソフトウェアです。

すでにWindowsに慣れている方なら問題なく使えます。

ビジネスでもそれ以外でもWindowsは世の中で広く使われているので、これからパソコンを始める人にも「慣れ」のためにも丁度良いでしょう。

Surface Laptop Goシリーズは、CPUの性能やメモリ、SSD容量、ディスプレイ性能などを最小限にパッケージングしたエントリーモデルです。

とはいえ、一般的なドキュメント作成やWeb閲覧(動画サイト視聴含む)には必要十分な性能を持っています。

このような使い方であれば、例えばIntel Core i7のような上位CPUやメモリ16GB以上、4K画質で高リフレッシュレートディスプレイはオーバースペックです。

「プレミアム感のあるデザインでも購入しやすい価格に」ということで過剰な性能を抑制したモデルという位置づけですね。

ディスプレイ部はアルミボディで高い質感と強度を持たせ、キーボード側は一部ガラス繊維含有の樹脂ボディを採用。

強度を持たせながらも12.4インチの身軽さを損なわない+低コストを併せ持った設計です。

モバイルノートPCとして一般的に販売されている13.3~14インチクラスよりも一回り小さいため、携帯性重視のモデルとなっています。

Surfaceシリーズの人気モデルのひとつであるSurface Proシリーズはこれまで12.3インチでしたが、2022年以降Surface Proシリーズは全て13インチに拡大されました。(Surface Pro8 / Surface Pro X)

そしてSurface Proは別売りのキーボードが無いとキーボード入力できません。
(Surface Pro本体+純正キーバードカバーでは価格が17万円以上)

よって、Surface Laptop Goは12.4インチというサイズで、キーボードがすでに装備されているユニークな存在なのです。

以上のことから、Surface Laptop Go2をオススメするのは↓が当てはまる人と考えます。

  1. 仕事や趣味でペン描画ができる機能があると嬉しい
  2. オペレーティングシステム(OS)がWindowsに慣れている
  3. 主な用途はWebサイト閲覧、Officeソフトなどでのドキュメント作成
  4. 高解像度のディスプレイや高スペックCPUはいらないから価格は最安10万円以下
  5. 13インチ以下のコンパクトさとApple社のMac bookみたいなスタイリッシュで頑丈そうな外観が好み

売れ筋になるであろうモデル(メモリ8GB、SSD256GB)はこちら↓

スポンサーリンク

旧モデルと新モデル、兄貴分Surface Laptopとの性能比較

ここではSurface Laptop Go2について

・旧モデル(Surface Laptop Go)からどのようなアップデートがあったのか

・兄貴分のSurface Laptop(13.5インチ)の最新モデルとはどの程度の差があるのか

について述べています。

Surface Laptop Go2を購入するのかしないのか、旧モデルから乗り換えるべきなのかどうか、どうせなら兄貴分を買った方がいいんじゃないか?

などの判断材料にしてもらえればと思います。

旧モデルからは大きな進化はありません。

CPUの世代が新しくなったくらいがハイライトですね。
※旧モデルから最低価格がアップしているのは、eMMC 64GBモデルが消えたからです。

なお、旧モデルで搭載されていた指紋認証電源ボタンは継承しています。
※メモリ4GBモデルには非搭載

指紋認証電源ボタン
指紋認証電源ボタン


旧モデルでもWindows11に無料アップグレードできるし、旧世代のCore i5でも一般用途では十分な性能なので、旧モデルユーザーは買い替え見送りでいいのかなと。

逆に今の用途で性能的に不満があるのであれば、Surface LaptopやSurface Laptop Studioなどの上位モデルへの買い替えをオススメします。

◆上位モデルへの買い替えを検討するケース

・重たいアプリケーションソフトを使用したり、複数のアプリを同時並行で使用するなどメモリを多く使用する作業が増えた

・高性能CPUによる速い演算能力が特別必要なケースが増えた

・なるべく画面が大きくて高解像度のほうが良い

上記のようなSurface Laptop Go 2ではカバーしきれない用途でなければ、Surface Laptop Go 2はコスパの良いハイブランドPCと言っていいでしょう。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました