【RTX3060 Laptop搭載PCレビュー】MSIゲーミングノートでフォートナイトは快適に遊べるのか?

NVIDIA RTX3060Laptop搭載 MSI17.3インチゲーミングノートビューパソコン関連

■この記事のターゲット
・NVIDIA RTX3060 Laptop搭載のゲーミングノート購入検討中の方

・MSIの17.3インチ ゲーミングノートってどんな感じ?


・NVIDIA RTX3060 Laptopでフォートナイトは快適に遊べる?


NVIDIA RTX3060 Laptop搭載のミドルクラスゲーミングノートPCである「MSI GF7510UEK025JP」を購入しました。

MSI GF7510UEK025JPパッケージ
上等な箱に入ってます


今回の記事では、僕がハマってしまった大人気TPSゲームタイトル「フォートナイト」を快適に遊べるかをメインに 「MSI GF7510UEK025JP」 をレビューしてみたいと思います。

これまで僕はASUS のエントリークラスゲーミングノートPCである「TUF GAMING FX505DY」でフォートナイトをプレイしてきました。

今回のPCアップグレードの結果、今まで以上に

快適にフォートナイトをプレイすることができました!

ゲームに支障のないレベルでFPS重視の画質設定で、液晶ディスプレイのリフレッシュレート144Hzの性能を使い切る144FPSでほぼ安定したプレイができます。

ちょっと前までエントリークラスで十分だと思っていたのに、結局ミドルクラスを購入することになっちゃいました・・・。

もちろん、格安のエントリークラスPCでもフツーにゲームを楽しめるのですが、

ある程度ゲームを本気でやるなら、予算を少し追加してでも最初からミドルクラス以上のPCを買うことをオススメします。
(バトロワ系ゲームはハードの性能に大きく左右されます。最初は良くても結局高い性能が欲しくなっちゃうので・・・)


それでは早速、本機のレビューに行ってみましょう。

スポンサーリンク

MSI GF7510UEK025JPの主要スペック

まずは簡単にMSI GF7510UEK025JPの主なスペックを、これまで使っていたASUS FX505DYと比較しながら紹介します。

 ASUS FX505DYMSI GF7510UEK025JP
CPUAMD Ryzen 5 3550H +
Radeon Vega8(内蔵GPU)
Intel Core i7-10750H +
Intel UHDグラフィックス(内蔵GPU)
内蔵メモリ8GB16GB
ストレージSSD 512GBSSD 512GB
外部GPUAMD
Radeon RX 560X
NVIDIA
GeForce RTX3060 Laptop 
ディスプレイ15.6インチフルHD
リフレッシュレート120Hz
17.3インチフルHD
リフレッシュレート144Hz

ゲーミング性能に大きく影響するCPUとGPUが、ゲーミングノートPCの中ではミドルクラスと呼ばれる部類に入ります。
メモリとSSD容量に関しては、動画配信など重めのマルチタスクをしないのであれば十分なスペックでしょう。

今回、僕がMSI GF7510UEK025JPを購入した主な理由は以下になります。

MSI GF7510UEK025JPを購入した動機

・エントリーモデルでは、フォートナイトの負荷が高いシーンでのフレームレート(FPS)落ち込みが気になっていた(動きがカクつく時がある)

・プロゲーマー並みの240FPS安定のハイエンドモデルまでの性能は不要だが、ガチ勢でも十分と言われる144FPSを安定して出したい

一般的には60FPS以上でれば「快適にプレイできる」とされている

・画面サイズはもう少し大きい方が視覚的な情報が得やすいな~と感じていた

・予算は10万円台後半以内

フォートナイトであれば、 画質設定次第でミドルクラスの外部GPUであるNVIDIA GeForce GTX1660Tiレベルでも144Hz安定でプレイできると思いますが、RTX3060と大きく価格が変わらないことと、長く使うために少し性能に余裕持たせたいという理由もあります。

下のGPU性能比較表から見ると、従来使っていたゲーミングノートPCからはGPUの性能が4倍以上になっていることが分かります。

【主な外部GPU(ノートPC向け)の性能表】
 ※性能評価 3DMark Time Spy(1920×1080)のGraphics Score

GPU名称性能
スコア
メモリー
容量
TDP
※一部は予測値
GeForce RTX 3080 8GB106008GB80W – 150W
GeForce RTX 208099478GB150W
GeForce RTX 307097608GB80W – 125W
GeForce RTX 2080 Super Max-Q85398GB80W
GeForce RTX 306080906GB60W – 115W
GeForce RTX 2080 Max-Q79478GB80W
GeForce RTX 207075638GB115W
GeForce RTX 2070 Super Max-Q75548GB80W
GeForce RTX 2070 Max-Q69118GB80W
GeForce GTX 1080 Max-Q60398GB90W – 110W
GeForce RTX 206059636GB80W
GeForce GTX 1660 Ti56106GB80W
GeForce RTX 2060 Max-Q56496GB65W
GeForce GTX 1660 Ti Max-Q49866GB60W
GeForce GTX 1070 Max-Q48728GB80W
Radeon RX 5500M42854GB85W
GeForce GTX 106037046GB80W
GeForce GTX 1650 Ti36794GB50W
GeForce GTX 1060 Max-Q34696GB60W – 70W
GeForce GTX 165034534GB50W
Radeon Pro 5500M 4GB34264GB50W
Radeon RX 5300M 3GB65W
GeForce GTX 1650 Ti Max-Q31404GB35W
GeForce GTX 1650 Max-Q29304GB35W
GeForce GTX 1050 Ti Max-Q23824GB40W
GeForce GTX 1050 Ti23474GB75W
GeForce GTX 1050 Max-Q22322GB40W
GeForce GTX 105021112GB75W
Radeon RX 560X18644GB60W – 80W

出典:PC自由帳 おすすめ主要GPU(グラボ)性能比較表【2021年3月最新版】

CPUとの相性や冷却性能の影響などもあるので、単純にゲーム性能が4倍以上になるというものではありませんが、従来から大幅に性能がアップしていることは間違いありません。

スポンサーリンク

MSI GF7510UEK025JPでフォートナイトをプレイ

MSIゲーミングノートにフォートナイトをインストール
インストール完了!

それではMSI GF7510UEK025JPでフォートナイトをプレイした感想にいきましょう。

まずは画質設定と回線環境を説明しておきます。

ゲーム内の画質設定はパフォーマンスモード、PC側のGPU設定はRTX3060優先のパフォーマンスモードです。

フォートナイト画質設定(FPS重視)
ゲーム内の画質設定

回線は、下り最大1Gbpsの光回線をWi-FiルーターでIEEE811.acの5GHz帯で飛ばしています。
下り速度実測は約90Mbpsくらい。
(有線接続だと400Mbps程度出ますが、家庭の事情により無線を多用)

実際にプレイしてみた結果ですが、
今まで使っていたエントリーモデルから明らかにフレームレート(FPS)が高値安定し、明らかにカクつきや遅延が少なくなったのが実感できました。

確認したモードプレイ中のフレームレート平均のフレームレート
クリエイティブ(自分の島)130~144FPSほぼ144FPS安定
バトルロイヤル
待機島
100~144FPSほぼ144FPS安定
バトルロイヤル
降下中
80~144FPSほぼ144FPS安定
バトルロイヤル
ソロ
100~144FPSほぼ144FPS安定
バトルロイヤル
チームランブル終盤
100~144FPSほぼ144FPS安定

これまで、特にプレイヤーやオブジェクトが多く映り込む時の急激な視点移動でFPSが大きく落ち込むことがあったのですが、本機では気になるようなことは今のところありません。

ちなみにゲーム内の設定ではフレームレートを144FPS固定にしています。

これは、本機のディスプレイのリフレッシュレートが144Hzなので、これ以上FPSを上げてもディスプレイ側で対応できないからです。

いちおう、FPS無制限設定で確認してみると280FPS程度まで出ますが、GPUへの負荷、FPSの落ち込みを防ぎたいという観点から144FPS固定としています。

240Hz対応のゲーミングモニターに接続するなら240FPS固定でもいいかもしれませんね。

プロゲーマーや有名な動画配信者のプレイ環境である240FPSにもあこがれますが、予算が跳ね上がるのでこれで十分です。

本機に変えてからすぐに公開ソロでビクロイとれました!

MSI ゲーミングノートでフォートナイト初ビクロイ
購入後初ビクロイ!
チャプター2シーズン6

従来はマッチ終盤の狭い安地の中での対面バトルで画面がカクつく(いわゆるラグい)ことがあり、建築や攻撃の反応が遅れるようなことがありました。

本機ではそれがなくなったので、終盤のヒリヒリする展開でもストレスなく操作できるのは非常に大きいです。

結果としては「買ってよかった~」と思える買い物でした。

ちなみに画面も大きくなって、ゲームするときの体の姿勢も自由が利くようになったのもチョットした利点です。

スポンサーリンク

MSI GF7510UEK025JPの外観レビュー

ゲーミングノートの外観にこだわる方は少ないかもしれませんが、本体自体のレビューもしておきます。

カラーはブラックでヘアライン加工が施されていて安っぽさはない感じです。
マットな感じの表面加工なので、手触りはいいですが指紋は残りやすいですね(気にしないですが)。

カラフルに光るキーボード(バックライトオフも可)は、ちょっ普段使ってるパソコンと比べると打ちにくい感じですが慣れの問題か…。

僕はパッドプレイヤーなのでキーボードは正直なんでもいいです(笑)
キーボードとマウスでプレイするにしても、外付けキーボードを使うでしょうし。

キーボードのバックライトをオフにしておけば、オフィスでの事務機としての見栄えも悪くないと思います。

ただ、カバー天面のドラゴンロゴマークがイマイチカッコ良くないなので、オフィスでも使えるシンプルデザインを求めるなら、他のメーカーであるガレリアやGIGA BYTEの同等スペックのモデルを選択するというのもアリでしょう。

ディスプレイは17.3インチと大型ですが、筐体サイズは今まで使っていたASUS TUFGAMINGの15.6インチからそんなに大きく変わりません。

重さはちょっと重くなりましたが、頻繁に持ち運ぶモノではないので問題なし。

入出力ポートは左右側面に配置されています。多くもなく少なくもなく特にコレといったポイントはありません。

MSIゲーミングノート入出力ポート左側面
電源コネクタ
HDMI×1
フルサイズUSB×2
MSIゲーミングノート入出力ポート右側面
オーディオジャック
有線LAN
フルサイズUSB×1
USB Type-C×1

全体的に外観はベーシックな作りです。

派手好きな人には物足らないでしょうが、シンプルデザインなので様々なシーンでも堂々と使えるとも言えますね。

スポンサーリンク

MSI GF7510UEK025JPの詳細仕様と価格

ここではスペック詳細と価格についてまとめます。

価格は公式オンラインショップで199,800円(税込)

セール時で179,800円(税込)程度で販売されています。

OSWindows 10 Home
ディスプレイ17.3インチ、フルHD(1,920×1,080)、ノングレア、
リフレッシュレート144Hz
CPUインテル® Core™ i7-10750H
(2.6GHz / Turbo 5.0GHz / 6コア12スレッド)
GPUNVIDIA® GeForce RTX™ 3060 Laptop GPU 6GB GDDR6
GPU仕様最大GPUブーストクロック:1,485MHz
Dynamic Boost 2.0有効時最大消費電力:75W
※ブーストクロックや消費電力は製品構成や使用環境により異なる
チップセットインテル® HM470
メモリ16GB(8GB ×2)DDR4
メモリ空きスロットなし(2スロット合計最大64GB)※1
SSD512GB(M.2 NVMe)
HDD非搭載(2.5インチ、SATA接続、7mm厚用空きスロット ×1)※1
有線LANRealtek RTL8111HS
(10/100/1000Mbps)
無線LANインテル® Wi-Fi 6 AX201
(2×2、11ax、Bluetooth 5.1)
キーボードSteelSeries Per-Key RGB 日本語キーボード
スピーカーステレオ2スピーカー
WEBカメラ92万画素(マイク内蔵)
I/OポートUSB3.2 Gen1 Type-C ×1 ※2
USB3.2 Gen1 Type-A ×3
HDMI ×1
ヘッドホン出力(Hi-Res対応)×1
マイク入力 ×1
バッテリーリチウムイオン、51Whr、3セル、4,500mAh
バッテリー駆動時間最大6時間(JEITA 2.0)
本体サイズ(W×D×H/MM)397×260×23.1mm
本体質量2.3Kg
本体カラーブラック
保証期間製品本体国内保証:お買上げ日より2年間
修理:製品発売日から起算して3年間
ACアダプタ及びバッテリー:お買上げ日より1年間の国内保証
グローバルワランティー:お買上げ日より1年間
付属品専用ACアダプター付属
備考1※1:メモリ・ストレージの増設はMSI公認サポート店でのみ可能
備考2※2:Thunderbolt 3、USB PD、Alt Mode非対応
※3:Thunderbolt 3、USB PD非対応
スポンサーリンク

まとめ

さらに上のスペックでゲームや重たい動画編集作業などをやりたいプロフェッショナル志向の方は、 デスクトップPCを購入した方が 性能や価格面、拡張性のメリットが高いので、現時点ゲーミングノートに求めるモノはこのクラスまでかなーという印象です。

17.3インチ144Hzディスプレイ、10世代CPU Intel Core i7、NVIDIA GeForce RTX3060(Laptop)、メモリ16GB、SSD 512GBのスペック、10万円台後半という価格でフォートナイトを快適に遊べるノートパソコンとしてはコストパフォーマンスは高いと思います。

もちろんゲーム用途だけでなく、デスクワーク、イラスト作成、画像・動画編集などでも活躍できるスペックを持っているのでいろんなことができる高性能ノートPCです。

ドスパラのGALLERIAブランド、DELLなど他社でもこのクラスのゲーミングノートPCは求めやすい価格になってきている流れ。

↓GALLERIA 15.6インチですが、コスパ高い!

↓DELL G7 旧型のRTX2060ですが、まだまだ十分使えます!

↓ASUSのRyzen7搭載モデルならRTX3070 Laptop搭載で16万円台!これもオススメですね。

フォートナイトを家の中やたまに宿泊先で快適に遊びたい方には十分満足できるスペックかと思います。

エントリーモデルを買っておきながらこんなことを言うのもなんですが、

PCでフォートナイトをある程度ガチでやりたいなら、本機のようなミドルスペック以上のモノを購入した方が結果的に満足するでしょう。

ただし、ゲーミングノートの需要の高まりにより常に品薄状態で納期が長くなっています。
タイミングを逃さないように注目しておきましょう。

それではこの辺で

↓本機の15.6インチモデル

楽天、Yahooショッピングでは本機と同じモデルの取り扱いありです。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました