【アウトドア・普段着マルチに活躍】モンベル「コアスパンランブラーパンツ」レビュー

アウトドア・キャンプ
スポンサーリンク

■この記事のターゲット
・普段着でも使えるお洒落で機能的なアウトドパンツを探している方

・やや細身だけど、膝周りの突っ張りが少ない動きやすいパンツを探している方

・モンベルのコアスパンランブラーパンツの詳細を知りたい方



数あるアウトドアブランドのクロージング(衣類)の中で、「高い耐久性」、「シンプルかつキャッチーで機能的なデザイン」、そして「お求めやすい価格設定」として僕の中では大のお気に入りブランドであるMont-bell(モンベル)

この記事では、そんな僕の愛用しているMont-bell(モンベル)の「コアスパンランブラーパンツ」の詳細レビューを行います。

モンベル・コアスパンランブラーパンツのオススメポイント

■高い耐久性
・耐久性の高いコアスパン生地で通勤やキャンプで2年間使用しても糸のほつれや生地の損傷なし

■シンプルかつキャッチーで機能的なデザイン
・やや細身のレギュラーフィットで様々なスタイルにマッチ
・ストレッチ素材と膝周りの立体裁断で動きやすい、突っ張りにくい
シワになりにくく、濡れても乾きやすい(生乾きの臭いが発生しにくい)
・スナップボタン+ジップフライで脱ぎ履きがラク


■お求めやすい価格設定
カタログでの定価:6,800円+税
※アウトレット商品だと、5,200円+税となってさらにお求めやすく!


実際に履いてみると肌触りや動きやすさ、シンプルなシルエットでお気に入りのパンツになるでしょう。

僕はグレインとダークオリーブの2本を所有していて、トップスのカラーに合わせて使い分けています。

それでは、コアスパンランブラーパンツの詳細やサイズ感などを述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

コアスパンランブラーパンツの仕様

まず「コアスパン」って何?というところから説明です。

コアスパン(Core spun)とは、ポリエステルの糸を芯にして、その周りを綿(コットン)で包んだ芯鞘構造糸のことです。

モンベルオンラインショップHPより引用



この構造により、通常の綿素材よりも耐摩耗性・速乾性に優れ綿の風合いや肌触りを残しながら若干の伸縮性を持たせることができます。

僕自身初めて試着で履いた時に、心の中で

「お!」

と、その肌触りと動きやすさでちょっとした衝撃を受けたのを覚えています。

そのコアスパンで作られたコアスパンランブラーパンツの仕様詳細を記載します。

【素材】コアスパン(芯鞘2層構造糸)[鞘:コットン80%+芯:ポリエステル19%]+ポリウレタン1%

ちなみにベトナム製です



【平均重量】479g

【カラー】 ブラックグリーン(BKGN)、グレイン(GRAN) ※2020年春夏カタログ Men’s

※アウトレットでは、ブラックオリーブ(BKOV)、ダークオリーブ(DKOV)、グレイン(GRAN)、ハーベストゴールド(HVGD)の在庫も有り

【サイズ】S、M、L、XL

【スタイル】
・フィット:レギュラー
・股上:普通

【機能】
1WAYストレッチ
立体裁断
・ポケット4個(腰2、ヒップ2)
・コインポケット1個(右前)
・フロントジッパー付き

個人的なオススメカラーは「GRAN(グレイン)」と「DKOV(ダークオリーブ)」です。

キャンプなどのアウトドア用品はアースカラーが多く、僕自身の服装のスタイルもアースカラー系が多いので、同じような方にはトップスとパンツの色カブリを起こさないこの2種類があると便利です。

GRANとDKOV
スポンサーリンク

コアスパンランブラーパンツのサイズ感

続いてコアスパンランブラーパンツのサイズ感についてです。

僕の体型は身長183cm、体重70kgのやせ型。 そして、ウエストは84cm、太もも周りは57cmです。

僕が着用しているのはMen’sの「Mサイズ」になります。
僕の体型で、Mサイズでちょうどピッタリという感じです。

ウエスト周りは緩くもなく、きつくもなくベルトなしでもズレることはありません。
太もも周りも突っ張る感じは無く少しの余裕をもって体型にフィットしています。

ちなみに自慢ではありませんが、裾直しはしていません(笑)

膝周りは立体裁断になっているので、膝を曲げた時の突っ張り感が無い分、直立時は余裕があるように見えますね。

横からみた図
後ろからみた図

ストレート形状で裾周りに余裕があるので、スニーカーでもブーツでも合わせやすいです。

履き心地は、コットンのパンツを履いた感じと変わらないと言っていいです。

若干ストレッチが効いてる分、ゴワゴワ感もなく軽快に動けて軽やかな印象も受けます。

特別に生地が薄かったり厚かったりするわけではないので、「夏は涼しい」とか「冬は暖かい」というものではありませんが、オールシーズン普通に使いまわせると思います。

スポンサーリンク

コアスパンランブラーパンツの特徴詳細

ここではコアスパンランブラーパンツの特徴詳細を述べていきます。

膝周りの立体裁断とストレッチ素材で突っ張らない

膝周りは立体裁断(少したるみを持たせる縫製)なので、しゃがんだ時などに突っ張り感がでにくいです。
なおかつ若干ストレッチがきいた素材なので窮屈に感じることがないですね。

立体裁断
膝周りに左右対称で4か所

しゃがみ状態
生地が伸びて窮屈感なし!

冬の部屋干しでもすぐ乾く速乾性

既に述べましたが、コアスパン生地のおかげで速乾性に優れるため、冬の部屋干しや梅雨時の部屋干しでもすぐに乾いてくれるのは嬉しいところです。

飲み会でのトイレやグループキャンプでの水周り仕事の時などに、

デリケートゾーン近辺に水滴がしみ込んで痕跡が残っても、少し時間稼ぎすればすぐに乾いてくれます!

周りの人から「ちょっと漏らした?」と思われるリスクが大きく減るのは、紳士淑女としてはありがたい限りではないでしょうか。

その他の細部について

最後にその他のディテールを紹介します。

■フロントボタンがスナップボタン
フロントボタンがスナップタイプなので、脱いだり履いたりする時の手間が少なくて地味に使いやすいです。

パチッと外して、パチッと止めれるので急いで用を足すときのコンマ数秒が命取りとなる状況で真価を発揮するでしょう。

ボタンにモンベルの刻印が
左側のボタンにはHIGH GRADEの刻印まで・・

リベットにもモンベル刻印
機能的な話ではないですが、リベット(生地と生地をつなぎ合わせる部分の補強)にモンベル刻印があります。

誰も見ないようなところにも、細かい気づかいを感じられます。

細部まで考えられた製品設計の意図を感じられるので、エンジニアのはしくれである僕としては好感が持てるポイントです。

リベットの刻印
スポンサーリンク

まとめ

最後にモンベル「コアスパンランブラーパンツ」のオススメポイントをおさらいします。

モンベル・コアスパンラングラーパンツのオススメポイント

■高い耐久性
・耐久性の高いコアスパン生地で通勤やキャンプで2年間使用しても糸のほつれや生地の損傷なし

■シンプルかつキャッチーで機能的なデザイン
・やや細身のレギュラーフィットで様々なスタイルにマッチ
・ストレッチ素材と膝周りの立体裁断で動きやすい、突っ張りにくい
シワになりにくく、濡れても乾きやすい(生乾きの臭いが発生しにくい)
・スナップボタン+ジップフライで脱ぎ履きがラク


■お求めやすい価格設定
カタログでの定価:6,800円+税
※アウトレット商品だと、5,200円+税となってさらにお求めやすく!


この他にもモンベルのコアスパンボトムスは存在していますが、個人的にはカラーの豊富さとシルエットの良さ、立体裁断の機能から「ランブラーパンツ」がイチオシです。

現時点でコアスパンランブラーパンツは、モンベル通常カタログから消えてアウトレット品にまわってしまいましたが、在庫があるうちに手に入れておきたい一品。
※追記 2020年春夏カタログからBKGN(ブラックグリーン)とGRAN(グレイン)がラインナップされました。

コアスパンの肌触りと履き心地、機能性の高さを感じられるパンツということで興味のある方は要チェックです!



おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました