持っておきたい!サーカスTCのオプション、連結タープまとめ

サーカスTCオススメオプション、関連商品まとめ アウトドア・キャンプ
スポンサーリンク

■この記事のターゲット
・テンマクデザイン「サーカスTC」を買う予定の人
・テンマクデザイン「サーカスTC」を入手したばかりの人
・キャンプライフを便利に、快適にしたい人

キャンプ用品ブランド「テンマクデザイン」から販売されている三角テント「サーカスTC」

シンプルデザイン、高い機能性と居住性、買いやすい手頃な価格で初心者から玄人キャンパーまで大人気のテントとなっています。

今回の記事では、春・秋のキャンプベストシーズンのみに限らず、夏でも冬でも快適にサーカスTCライフを楽しむためのオプション(テントアクセサリー)、サーカスTC関連商品を紹介します。

テント単体でも泊り・日帰りキャンプに十分使えますが、オプションや関連商品とあわせて使うことで様々なシーンを快適に過ごすことができます。

どれか一つでも持っておくだけでも役に立つこと間違いなし!

スポンサーリンク

欠点が改良された新作「メッシュインナーセット 4/5」

サーカスTC メッシュインナーセット4/5
メッシュインナーセット 4/5
出典:テンマクデザイン公式

サーカスTC、サーカスTC DX、サーカスコットン専用のメッシュインナーとグランドシートがセットになった商品です。
サーカスTCテント本体にはインナーやグランドシートは付属していないので、居住空間の虫よけや地面からの湿気を軽減するなどのメリットがあります。

以前にもフルサイズメッシュインナーと半面だけのハーフインナーが販売されていました。
しかし従来品は、設営に時間がかかる、居住空間が狭くなるという欠点がありました。

従来品:メッシュハーフインナー
高さが低く、設置が大変

これらの欠点を改善し、設営が容易で居住性も高めたのがメッシュインナーセット 4/5です。
※2020年9月4日~ オンラインストアのみで販売開始

4/5という名の通り、テント内の5分の4部分のインナーとなり、残りの5分の1は土間として利用ができます。
テント内に靴などの汚れものを引き込むスペースとして活用できますね!

設営はテント本体のメインポールを立ち上げるときにインナーも一緒に立ち上げる仕様になり、設営を簡単にしながら天井の高さを確保しています。従来品から大きく改善されたと言っていいでしょう。

おそらく今後メッシュ仕様だけはない通常のインナーも発売されてくると思われますが、メッシュインナーも夏場は重宝します。

僕は従来仕様のメッシュインナーはデメリットが目立つので購入を控えていましたが、今回のメッシュインナーは「買いだな」と思ってます。

◆素材
 インナー本体
  ウォール ポリエステルメッシュ
  ボトム   ポリエステル 150デニール 耐水圧 2000mm
  グランドシートポリエステル 150デニール 耐水圧 2000mm

◆サイズ
  384×360×(H)280

◆総重量
 (約)4,030g(本体3,040g グラウンドシート900g ケース90g)

◆付属品
 収納袋

◆価格
 \18,000(税別)

スポンサーリンク

ごろ寝派、お座敷派は持っておきたい「サーカスインナーマット 4/5」

インナーセットとあわせて使いたい

前述の「メッシュインナー 4/5」のサイズにあわせたインナーマットです。
※2020年9月4日~ オンラインストアのみで販売開始

就寝時にコットを使用せずに眠る場合は、クッションの効いたマットがあると地面のゴツゴツ感を軽減できます。

サーカスTCの底面は正五角形なので汎用品で対応が難しく、専用のインナーやインナーマットでないとテント内で生地の収まりが悪くなってしまいます。
結果的に専用品を購入する方が良いでしょう。

今後もサーカスTCを長く愛用していくなら、持っておくと使う場面は出てきそうですね(デュオキャンプなど)。

◆素材
 表面生地:ポリエステルタフタ68D
 クッション材:ポリエチレン 、スポンジ

◆サイズ
 収納時:(約)700×550×100(高)mm
 使用時:(約)3,840×3,600mm×2(スポンジの厚み)mm  

◆総重量
 (約)1.57kg

◆付属品
 収納ケース

◆価格
 \8,000(税別)

スポンサーリンク

インナーまではいらない人へ「 サーカスフルサイズグランドシート 」

居住空間の地面が露出してるのはイヤだけど、インナーまでは入れたくないという方にはフルサイズグランドシートがオススメです。

外周が立ち上がるバスタブ型なので、不意の雨などで中に水が浸入してしまうのを防ぎます。

ただしフルサイズでは土間スペースがなくなるので、土間スペースが欲しい場合は次の項のグランドシートハーフが良いでしょう。

◆素材
 フロアシート:150Dポリエステルリップストップ(撥水加工)
 耐水圧 2,000mm

◆サイズ
 収納サイズ:(約)460×170×170(高)mm
 組立サイズ:(約)3,910/3,680×150(高)mm

◆総重量
 (約)1.98kg

◆付属品
 収納ケース

◆価格
 \8,800(税別)

スポンサーリンク

土間スペースを確保したい「 サーカスグランドシートハーフ 」

前項のフルサイズグランドシートのハーフサイズ版です。

ソロキャンプで土間が欲しい方にはちょうど良いサイズではないでしょうか。

◆素材
 フロアシート:150Dポリエステルリップストップ(撥水加工)
 耐水圧 2,000mm

◆サイズ
 組立サイズ:(約)442×265×170(高)mm

◆総重量
 (約)1,228g

◆付属品
 収納ケース

◆価格
 \6,800(税別)

スポンサーリンク

プライベートリビングスペース「 焚火タープTCコネクトヘキサ 」

サーカスTCと同じ火の粉に強い素材でできたタープ(日よけ)です。

サーカスTCと簡単に連結ができる機能を持っているので、効率的にリビングスペースを確保することができます。

色をテント本体とあわせることで、統一感のある佇まいでテントサイトでも映えること間違いなし!

自分だけの広大なプライベート空間を作りたいならマストなアイテムですね。

楽天市場】tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)焚火タープTC ...
ポールとペグは付属してないので注意

◆素材
 本体: コットン混紡生地(TC)撥水加工済み、ポリエステル65%、コットン35%
 フチ:ナイロン

◆サイズ
  580×450×H280cm(推奨高さ)

◆重量
 本体:4,686g
 張り綱:280g
 収納袋:378g

◆付属品
 収納ケース、張り綱
 ※ポールとペグは付属していません

◆価格
 \26,800(税別)

スポンサーリンク

デッドスペース有効活用 ワンポールテント用テーブル

ワンポールテントの中央部分のデッドスペースを有効活用できるテーブルがあると、見た目にも実益にも効果があります。

DODワンポールテントテーブル

テンマクデザインの現行ラインナップでは、専用テーブルが存在していないので社外品からの紹介です。

過去記事でも紹介していますが、DODのワンポールテントテーブルはその名の通りワンポールテント用に特化した機能的な円卓です。

分割して使用したり、積み重ねて使用したりとマルチな機能を持っているのでオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

それでは今回紹介したサーカスTCのオプション、関連商品をまとめます。

◆虫よけ、地面の湿気対策に「メッシュインナーセット 4/5」

サーカスTC メッシュインナーセット4/5

◆ごろ寝派、お座敷派が快適に過ごせる「インナーマット 4/5」

◆地面露出はイヤ、でもインナーもイヤなら「グランドシート」
 フルサイズとハーフサイズ

フルサイズ
ハーフサイズ

◆テントになじむリビングスペース「焚き火タープTCコネクトヘキサ」

楽天市場】tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)焚火タープTC ...

◆デッドスペースを有効活用 「ワンポールテントテーブル」

あなたのサーカスTCライフが豊かになること間違いなしです!

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました